乗務員が客に話しかけないタクシー『サイレンス車両』が試験運行!これはアリだな

00-5-ca11bcf7cfed73338a329d9c6aa622c119534cb7

おもに京都市内で営業している都タクシー(京都市南区)が、2017年3月下旬から「サイレンス車両」を試験運行しています。

乗降時のあいさつやルート案内、緊急時の対応以外は、乗務員から客に声がけをしないというもので、その旨を助手席ヘッドレストの裏に掲示しています。都タクシーによると「乗務員からのお声がけを控えさせていただき、より快適に過ごしていただくための車内空間を創造することを目的とした試験的サービス」で、全国で初の試みだといいます。

「乗務員が話す観光地の案内や街の情報、あるいは世間話に花が咲くこともあったかもしれませんが、それをいまのお客様が本当に求めているのかと、ほかのタクシーに乗ったときに感じたことがきっかけです。地元のお客様でしたら地元のことはご存じでしょうが、話す乗務員に『黙ってくれ』とはなかなか言えないと思います。
静かに送ってほしいというニーズもあると思い、どちらが本当に快適な車内空間なのかを探るうえで試験導入しました」(都タクシー)

都タクシーではこれまで乗務員に対し、客との会話について特に指導することはなかったといいます。むしろ観光地の京都で営業していることもあり、「京都検定」合格者など豊富な知識を有する乗務員もいるとのこと。「観光案内を喜んでいただけるお客様ももちろんいらっしゃいますし、特にお年寄りは会話を楽しむ方も多いです。時と場合に応じて対応する必要があります」とも話します。

「サイレンス車両」は現在、おもに京都市域を中心に昼5台、夜5台ほど運行しています。利用者からは「いい取り組みだ」「これも時代の流れなのかもしれない」といった声があるそうです。

https://trafficnews.jp/post/67714/

この記事への反応

サイレンス美容院やサイレンス薬局もよろしく

アクリル板で壁設置しろ

確かにウザい

勝手に連れ回されてボッラクられる仕様なんですね

もう自動運転でいい

喋ってないで運転に集中しろ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. 612Muvw0bIL__SS300_-4f7b9aa6b7adbbba6329d235fac040e2f78034cf
  2. maxresdefault_2017091212232119ds-cc383310cfc0e125506d9b8fe37db666aa61447a
  3. o0600037913955597641-1s-237e4b193017f47d2d1bbd91aae797f635a3b3e0
ページ上部へ戻る