【悲報】実写「ジョジョの奇妙な冒険」第1章で打ち切りの可能性、続編は白紙状態・・・・・(画像あり)

bb0b0b7d-s-8ddc78df1efb30931cabf539db15a3c4eb3f57cf
【悲報】実写「ジョジョの奇妙な冒険」第1章で打ち切りの可能性、続編は白紙状態・・・・・(画像あり)

1: 2017/08/09(水) 12:15:41.24
『無限の住人』を超えなかった『ジョジョ』、作品力を伝えられていたか

漫画実写化映画の大作が続く今年。
そのなかでももっとも大きな注目を集めていた『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(8/4公開、325スクリーン)が厳しいスタートになった。
シリーズ累計発行1億部を超える荒木飛呂彦氏の人気漫画を、東宝とワーナー ブラザースジャパンが長い歴史のなかで初めて共同で製作、配給を手がけたビッグタイトル。
続編を見据えて製作されているが、関係者によると現状は白紙であり「今後の動員を受けて製作が決まる」という。

◆ネガティブな声があふれるも鑑賞者の評判は良い
まさに鳴り物入りで公開された『ジョジョ』だが、初週土日2日間の興行成績を見ると(表参照)、『銀魂』(7/14公開、335スクリーン)には遠く及ばず、前週に封切られた『東京喰種 トーキョーグール』(7/29公開、309スクリーン)、若手イケメン俳優が集結した『帝一の國』(4/29公開、292スクリーン)のほか、同じ三池崇史監督の『無限の住人』(4/29公開、331スクリーン)も超えられない結果になった。

『ジョジョ』と同じく『少年ジャンプ』からの実写化である『銀魂』は、公開4週目で興収27億円を突破する大ヒット中。
キャストの好演のほか、劇中にちりばめられたパロディや小ネタが原作ファンをはじめ幅広い層にウケている。
一方、歴史が深くコアファンの想い入れが強い『ジョジョ』は、実写のアクの強いキャラクタービジュアルなどのネガティブな評判が公開前から絶えず、『銀魂』とは対照的に入口を狭めてしまっていた。

漫画実写化作品の恒例になってはいるが、とくに『ジョジョ』はネガティブな声が大勢を占める状況になっていた。
そんな状況に対してイベント実施のほか、本編映像などの情報出しは公開直前まで積極的に行われていたようだが、初週の結果を見ると効果はあまり得られなかったようだ。

しかしその一方で、映画が公開されてみると、ツイッターなどネットではポジティブなコメントのほうが圧倒的に多く、原作ファンと思われる鑑賞した人の評判は悪くない。
作品として評価する声が目立っているのだ。

no title
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00000352-oric-ent

2: 2017/08/09(水) 12:16:57.21
ジョセフもトニオも出ないしなあ
2-1

2-2

3: 2017/08/09(水) 12:17:39.54
期待してなかったのもあって悪くなかった
でも客少なかった(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. 612Muvw0bIL__SS300_-4f7b9aa6b7adbbba6329d235fac040e2f78034cf
  2. maxresdefault_2017091212232119ds-cc383310cfc0e125506d9b8fe37db666aa61447a
  3. o0600037913955597641-1s-237e4b193017f47d2d1bbd91aae797f635a3b3e0
ページ上部へ戻る